ケトジェンヌに副作用はない!危険性を解説

ケトジェンヌ関連情報

ケトジェンヌの副作用を解説

ケトジェンヌはケトジェニックダイエットサポートサプリメントです。ケトジェニックダイエットとは、現在テレビやSNSで話題になっている効率的な最先端ダイエットです。

人気の秘訣は直接脂肪を燃焼して痩せる事ができるので、しつこい脂肪やたるんだお肉にダイレクトに効く点です。また、ムリな食事制限をしなくてもよいので健康的に痩せる事が出来るのも魅力です。

ただ、こんなに効果が期待できるケトジェニックダイエットに使うケトジェンヌに危険性のある副作用はあるのでしょうか?

当ページではケトジェンヌに危険性や毒性の強い副作用があるのか?、毎日飲んでも問題無いのか?等を全成分チェックして検証しています。

結論:ケトジェンヌに危険な副作用はありません

ケトジェンヌは健康補助食品(サプリ)の分類に入ります、副作用が心配な医薬品や医薬部外品ではないので副作用はありません

なので、ケトジェンヌは普通の食品と同様に安心して飲むことが出来ます

ケトジェンヌの全成分(原材料)パッケージ裏に記載されている全成分もチェックしましたが、特に危険性の高い成分は確認できませんでした。

ケトジェンヌは食品カテゴリーに入るので、明確に定められた規定量や時間帯(タイミング)は決まっていません。ただし、パッケージ裏には目安量が『1日2粒』に設定されています。

その為、体調不良に注意しながら1日3~4粒とちょっと多めに飲んでも大丈夫です。

ただし、どんなに健康や美容に良い食材や栄養素だからといって、沢山食べればそれに比例していい効果を得られるというわけではありませんよね。自分の身体にとって適量を毎日欠かさず摂取するという事が大切です。

ただし、アレルギーには注意

ケトジェンヌには副作用は存在しませんが、大豆を含む製品なのでアレルギーを引き起こす可能性はあります。アレルギー体質の方は必ず成分表をチェックしてアレルゲンがないか確認してから飲むようにしてください。

いざという時の定期解約保証

ケトジェンヌに副作用の心配がなくても、個人の体質は十人十色です。飲んでみたら体との相性が悪かったというケースも考えられます。

定期便で注文していて2回目以降の商品が飲めずに無駄になるという不安も考えられますが、ケトジェンヌには注文日から30日以内なら定期解約保証がサービスで付いてくるので2回目以降のお届けが無駄になりにくいです。

安心のGMP認定工場で製造

ケトジェンヌは高品質を保つための、高い衛生基準や品質管理基準を満たしているGMP認定工場で製造されています。このGMP認定工場は日本国内でも有数で、微生物検査から異物検査まで徹底的に行われているので安心して飲むことが出来ます。

ケトジェンヌは無添加も意識している

ケトジェンヌはカラダに良い影響を与えることが少ない『香料』『保存料』『着色料』の無添加・不使用にこだわって作られています。

原材料を見ても栄養価は豊富ですが、原材料自体はとってもシンプルな構成になっています。

ただし、添加物がゼロというわけではありません。気になる添加物を下記にまとめました。

ステアリン酸カルシウム

高級脂肪酸の一種であるステアリン酸カルシウムは古くからサプリメント、食品添加物、薬品添加物に用いられ、コーティング剤、乳化剤、増粘剤として使われています。使用歴が長いので信頼性も高く安全性も高い成分と言えると思います。

微粒二酸化ケイ素

シリカゲルや無水ケイ酸とも呼ばれる物質です。湿気対策で使われたり、製造過程の微粒二酸化ケイ素が残り原材料に記載される場合があります。

シリカゲルと聞くと毒性が強そうな印象がありますが、ほとんど吸収されずに排出されるので大量に摂取しなければ安全性の問題はありません。

ケトジェンヌは副作用もなく安心して飲める

ケトジェンヌの全成分をチェックしてみましたが、副作用が心配な成分は使われていませんでした。

実際に飲んでいる人の体験レビューが知りたい方は、私(管理人)もケトジェンヌの愛用者で、ケトジェンヌを活用してダイエットもしています。実際に私が飲んだ感想や効果、口コミは下記のページで紹介しています。

▼管理人の口コミ・レビューはこちら▼

タイトルとURLをコピーしました